ClassicChrome の 空の色 X-T10

この、ClassicChromeの空の色が好きなんですけど、当時CanonやOlympusのカメラ内現像で、この色を出そうとしたけど無理だったのが、富士のカメラを使い続けている理由だったりします。

ただ、若干アンダーで撮ってるというのもあるんですけど、このX-T10と今現在使ってるX-T3では気のせいか色味がちょっと違う気がするんですよねぇ。あくまでも主観ですけど。

X-T10のあたり、つまりX-Transの第2世代とX-T3の第4世代では、センサーとプロセッサも違うわけですから、全く同じ色にはごにょごにょ・・・
検証した訳ではないのでよくわかんないですけど、当時のClassicChromeで撮った空の色が好みです。

彩度を落としてるClassicChromeなのに、こってりとした写真になってる、以下のリンク先の写真がお気に入りです。

アイキャッチ画像もそうですけど、同じ日に撮った空の色は、どれも他機種ではまねできなかった、深みのある青ではない色なんです。

X-T10 ClassicChrome

こうなってくると、X-T1やX-T10の中古価格が気になってきますねぇ。ん?X-E2も同じセンサーだったっけ。
で、思い出したけど、確か初代X-Pro1の色が好きだって書いてた人もいましたねぇ。

今となっては遅いと感じるオートフォーカスも、わざとマニュアルで撮れば気にならなくなりますし、マニュアルしばりのスナップも楽しそうですね。

X-T10 ClassicChrome

まぁ、いろいろと想像しながら、こうやって書いてるのも楽しいんですけどね。